1人で過ごす休日の過ごし方!僕は【散歩】をおすすめする!!

6月 9, 2017

30代で小学生相手に、二時間キャッチボールは

2日後に筋肉痛まちがいないのでおすすめしません。どうも絶賛30歳のドカメンです。

突然ですが、休みの日の過ごし方っていつも決まってますか?

f:id:dokamen:20170407155552j:image

この質問に「やりたい事多すぎて、休み全然たりないよ」って人も中にはいますが、趣味がある人って周り見わたせばわかるけど、ほんの一握りだ。

休みは、「予定ないしやる事ないから暇だよ」って人が実は世の中ほとんどなんですよねー。社会人バスケやら、草野球、つり、人それぞれですが、多趣味な人とか趣味がある人って無趣味な自分からするとスゴく羨ましかったりする。

でも、羨ましいなあーと思う反面自分はなんかそういうのは違うんだよなって感じたり、ナカナカ飛びつけなかったり手が出なかったりします。

僕もそんな趣味のない人の1人なんですが、休みが楽しくて、早く休み来ないかなと思えるほどの、誰でもできる休日の楽しい過ごし方を教えてもらったんで実際にやってみた感じとやり方を紹介してみることにしました。

趣味がない僕の休日の楽しい過ごし方

f:id:dokamen:20170407155604j:image

仕事で週一回しか休みがない僕は、大した趣味がなくて、休みは家でyoutubeみたり、テレビみたりして適当に今まで過ごしていた

そんなある日、突然友達(りょう君)からLINEで「散歩でも行かない?」って大人として突拍子のない誘いが舞い降りました。

すこぶる意味わからなすぎて最初断ったんだけど、りょうくんがしつこく誘ってくるもんだから、一回くらい付き合いのノリで行ってやるかの気持ちで行く事に。

そのなんとなーくが全ての始まりだったのは言うまでもないが、ここは言いたくなったので言わせてもらう。

〜それから数時間後〜

りょう君と待ち合わせ場所で合流して、散歩って何するのさ?って会話が流れとして当たり前の様に繰り広げられ始め、当たり前の様にりょう君が説明しはじめた。

「これからする散歩はくだらないかもしれないけど、いつも車で通る道ってあるじゃん?路地が多くて普段気になってはいるけど、絶対に歩かない道って、そこを散歩するって感じなんだよねー。」

うおぉおーっ!!なんてすばらしい発想と楽しみ方なんだろうか、りょう君きみは休みのプロか!

素直にそう思える程、その提案を聞いた瞬間にぼくの中の少年がワクワクしたのを感じた。

いざ出発

今回散歩することにした場所は、僕がすんでいる沖縄の中部の観光スポット【北谷(ちゃたん)】

f:id:dokamen:20170406151718j:image

ここは沖縄の中部の人が集まる中部の都会。

沖縄国際映画祭が開かれる場所で、沖縄の人じゃなくても北谷って聞けば、「あー知っているよ」って人が結構いるとおもうんだけど

そんな北谷町でも、少し中道に行くと、地元の人さえ歩かない様な道があったりします。

それが北谷町謝刈(じゃーがる)

f:id:dokamen:20170407160909j:image

車ではよく通るし、沖縄の人からすれば凄くポピュラーなところなんですが、坂が多くて、道がいりくんでいるそんな場所。気にはなる地域だけど、全然人が歩かない。

地図で見るだけでわかるくらい、道が枝分かれしているから、普段は絶対に近づくのもイヤな道だ。今回はそんな謝刈を散歩する事になった。

謝刈公園に車を停めてから散歩スタート

f:id:dokamen:20170407165702j:image

さすがに歩いて現地に行くのはイヤだったから、公園に車を停めてから僕らは散歩に出かける事にした。

この散歩の醍醐味は、無計画って部分が凄く大事だ。北に進むのか南に進むのかなんて行き当たりばったりの方がワクワクするし、何があるか分からないから下調べなんて逆にしない。

僕らは、謝刈公園からとりあえず坂を下って民家のせまーい道を歩き回る事を選択した。

f:id:dokamen:20170407162927j:image

画像を見たら分かるはずだが、本当に意味のわかるくらい狭くて、どこに続いてるか分からない道をひたすら散策しまくる。

そうする事で、この辺に住んでいる人にすご〜く怪しまれるんだけど、そんなのは「こんにちは」とか言っとけばいい出会いに繋がるかもしれないし、歩き回る理由を説明したら面白い場所とか教えてくれる。

散歩はこんな感じ

f:id:dokamen:20170407163553j:image

バス停は二つ必要なのか?とか

f:id:dokamen:20170407163723j:image

やたら人懐こい猫も沢山いたり

f:id:dokamen:20170407163851j:image

f:id:dokamen:20170407164014j:image

こんな不思議で綺麗な写メがとれたり

f:id:dokamen:20170407164054j:image

好きなお酒の工場をのぞいたりも出来た。

北谷長老は飲みやすくて泡盛が苦手な人にもオススメできる。

北谷長老 北谷長老古酒 25度 720ml

北谷長老 北谷長老古酒 25度 720ml

f:id:dokamen:20170407164413j:image

途中休憩したり商店で飲み物とか買ったりしても面白い。

あなたの町にもそんな場所が絶対にある

f:id:dokamen:20170407165637j:image

この趣味のいいところは、日本中どの町でも物を揃えなくてもすぐにできるし、1人でやっても楽しめるから気軽に始められるところだ。

あなたの町にも、こんな不思議で散歩しがいのある場所は沢山あるとおもう。

そんな所を散歩するこの趣味を、試しにやってみてください。面白い出会いもあるかもしれません。